peko-tinがゆく!

忘れないでいよう

この曲をご存知ですか?
↓ ↓ ↓





手紙 ~親愛なる子供たちへ~


年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい
あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい
楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを
悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい
いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい
私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい
私の子供たちへ
愛する子供たちへ


b0292900_06021333.jpg
昨日のブログ記事でご紹介した本・「ひと文字のキセキ」を貸してくれたOさんが、
今度はこの歌詞のコピーをわざわざクリアファイルに入れて譲ってくれました。

ググってみると、オリジナルの歌詞はポルトガル語で書かれていて作者不詳の曲ですが、
日本では樋口了一さんが歌っていて、2009年には日本レコード大賞を受賞したようですね。
先日、亡くなられたお母さんの四十九日を終えたばかりのOさん。
最期の時間を過ごした病院で、与えた食事をお母さんに「ペッ!」と吐き出された時にカーッとなって
思わず軽く打ってしまったことを、この歌詞を読んだら思い出して胸にこみ上げるものがあったそうで、
ワタスの前でも「この話をするだけで涙が出てくるさ~」と笑ってごまかしながら話してくれました。
お母さんと向き合っている時に感じた苛立ちや悲しみ、そしてお母さんの死後に襲われた罪悪感・・・
きっと色々な感情が巡ったんだろうなぁと思うと、ワタスもウルッときてしまいました(T T)
誰にでも平等に、いつかは必ず訪れる死。
老いと共に変わっていく親を見て、これから寂しくなったり悲しくなったりすることもあるかもしれませんが、
まだ元気な両親を持つワタスのためにOさんが譲ってくれたこの歌詞を忘れずに、
精一杯人生を生き抜いてきた彼らを支え、その最期を笑顔で送り出せる強い人間でいたいと思います。
まぁ、ワタスはそんなに出来た人間ではないので、それまでいっぱいムキー!となることもあるでしょうけども(笑)
自分の毎日の生活を謳歌しつつ、両親との時間も大切に過ごせるように楽しくぐゎんばりま~す!
Oさん、ステキな歌詞のおすそ分けを本当にどうもありがとう



仲良し親子の癒し画像のおまけ♡↓ ↓ ↓

b0292900_20230398.jpg



ではでは、今日も良い一日を~






愛の応援クリックお願いいたしますぅ
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 幸せ・ハッピーへ
どうもありがとうございま~す



[PR]
by peko_tin | 2014-12-03 06:00 | 元気の源